2007年04月02日

[VIP] 百年の孤独



そこに素敵な宝箱がありました。

思わず私は手を伸ばしました。

でも、それはミミックだったのです。

ミミックって大体強いんだけど

これすんごい強い。

超苦戦した。

なんかもうHP1くらいしかない感じ。

なんかすげー苦戦して最後の最後にバニシュ→デスみたいな

最終的に裏技かよみたいな。

色んなネタが混ざり合ったそんな感じ。

要するに俺ヘボイwwwwwwwwww
-----------------------------------------------------------
A)二人でいるより一人でいれば
悲しいことや 寂しいことも
きっと楽に受け止められる

群れているより一人でいれば
楽しいこととか うれしいことは
ずっと長く感じてられる

B)そんな風な かってな思い出
 斜(はす)に構えて 人から離れてりゃ

 今もどこかで 待っててくれてる
 運命の人も逃してしまうよ

サビ) いじけてたのかな
    ぼくの心は

    いきたいことも
    やりたいことも
    まだまだわからないのに

    さびしがっていた
    長い年月(とき)の中で

    カラの中で強がって
    かっこつけ続けて

    僕の弱さが  百年の孤独を超えて
    きっと出会える誰かを 求めている。

      百年目の軌跡を待ち続けているよ。
      百年目の軌跡を待ち続けているよ。

    さびしがっていた
    長い年月(とき)の中で

    カラの中で強がって
    かっこつけ続けて
-----------------------------------------------------------

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。